« 【告知】WPAでは各地区の支部長を募集しております。 | Main | 「キャッチボール」の検索結果 »

触らぬPay Per Postに祟りなし??

20090212225459.jpg

Google Japan with Pay Per Postの騒動と付随して、Pay Per Postという手法そのものが、なんだか腫れ物を触るように扱われているのが気になる。
実はこの騒動のちょっと前に気になっていた記事があって、こちらなんですが、

PR会社のビルコム株式会社 | CEOブログ 太田滋の己を斬る

なんでこのタイミングで、念の為宣言する必要があるんだろう??
と他人事ながら不思議に思っていました。いや、別に他意はありませんよ。

それから、CyberBuzzのリリースを読んで、

2009年2月10日付、当社サービス「CyberBuzz」に対する一部報道について - 株式会社サイバー・バズ

う~ん・・・

触らぬPay Per Postに祟りなし??

なんてタイトルを思いついたんです。

それこそ、「依頼主を明確に」という一応のルールは守っていたりするわけで(ここの「明確に」というのがまた難しいんだけど)、まぁいろいろな方面で影響があるかもしれないけど、手法としてあれば良いと思う。必要だったり、有効だったりすることもあるでしょう。場合によってはね。
・・・というよりその前に、読者に誤解を与えるという点においては、議題に上がるべき他の手法もあると思うんですよ。
言い出すと、商品を薦める記事を書いてその商品アフィリエイト広告を貼るのは、どうなんだ!?ってなってキリがないですけど、明らかに悪質なのも実はあったりするわけで。

それで、Pay Per Postに話を戻すと、Paid Postかどうかを明確にするシンプルなルールがあれば、おそらく一定の落ち着きを得られるので、それこそ、WOMマーケティング協議会WOMマーケティング協議会 WOM Japanとかで、例えば「Paid Postはタイトルの前に[PR]とつける」といったルールで、ブログサービス業者なんかも巻き込んでそのルールの普及啓蒙活動とかできたらどうなんでしょうね。
でもそうしたら、金銭でない報酬がやたらと飛び交うようになったりするのかな。豪華目な食事とか?

突然ワルモノ扱いされて敬遠されるくらいなら、ルールで縛られてしまう方がまだマシかなと思います。
この流れが変な方向にいかないといいな~と呑気に感じていたりする今日この頃です。


<参考になるリンク>
このブログの Google PageRank が復活しました。 - Blog:TP Geometry
Googleペイパーポスト事件は、ブログマーケティングの転機となるか - 煩悩是道場
検索エンジン会社がWebのルール作りをする日 ~Google独裁への布石~ - キャズムを超えろ!
FPN-Google:サイバーバズのプロモーション活動中止 PayPerPost事業を手掛けたものとして
アフィリエイトのメンタリティ|今日のニッパウ
WOMマーケティング協議会の率直な現状について書いておきます : tokuriki.com
ペイパーポストかどうかが問題ではなく、読者にどう受け止められるかが問題だと思う : tokuriki.com
Webmaster Central 日本版 公式ブログ: 有料リンクについて
安易にペイパーポストには手を出しちゃダメだと思う 11の理由 : tokuriki.com
クチコミマーケティングは愛 ([の] のまのしわざ)
Pay Per Postがフェアかどうかが問題じゃなくて - 雑種路線でいこう
TABLOG:ペイパーポスト議論が見落としている点/戦争広告代理店とCM化するニッポン - livedoor Blog(ブログ)

Daily Log」カテゴリのBackNumber
キャッチボールはWebコンテンツのPRを企画推進する会社です。
「良いコンテンツには旅をさせろ」を合言葉に、みなさまと楽しいキャッチボールしていきたいと思います。何卒宜しくお願い致します。


あわせて読みたいブログパーツ