>>February 2009

キャッチボールができるまで。 ~其の四~

キャッチボールができるまで。 ~其の三~のつづきです。


バスキュールと組むことで、より入り込んで、お客様(ユーザー)を迎え入れる場所とそのルートを最適化するというチャレンジの機会が増える。
それによって、クライアントメッセージがより伝わるコミュニケーションが実現できるならば、クライアントとユーザーそれぞれがより満足する形を作られる。
もちろん、それを繋ぐことを仕事にする人たちにとっても、そんな嬉しいことはない。

新しいコミュニケーションにチャレンジしながら仕事を積み重ねていくことで、少しでも世の中に驚きや笑いを伝えられれば。
もちろん、それを通じて、お客様にご満足いただくということが大前提です。
そんな仕事に誇りを持って取り組めるのならば、リスクを取ってでもチャレンジしたい。
世の中に、そういう形で貢献ができれば本望である。

なんてこと不遜にも思いました。
新甚という人間について理解する時間はそれほどなかった(と思う)ので、言葉や熱意だけを信じて、応援する気持ちになってくれたのだと思います。
また、「効率よくお客様(ユーザー)を連れてくる(「集まってもらう」の方が正しいかもしれない)」サービスができれば、バスキュールにとってもメリットが生まれる可能性も考えられます。それは、ひいては、クライアント・コンテンツメーカー・新しい形のコミュニケーションに取り組む広告会社、へ貢献できるということにも繋がります。

「新甚くんのモチベーションが維持できる形で」という本当に申し訳ない程ありがたいお話しいただけたので「やるなら、一度自分の感覚を信じて取り組んでみたい」と考えました。

起業、といっても拡大志向ではなく、お客様と信頼関係を築きながら、ひとつひとつの仕事を丁寧に、こだわりを持ってサービスするための器として、バスキュールと共同で、キャッチボールを設立することにしました。


つづきます。

キャッチボールができるまで。 ~其の三~

キャッチボールができるまで。 ~其の二~のつづきです。


ここまでをすごく簡単にまとめてしまうと、

  • 良いコンテンツがあれば、新しい切り口で拡げることができる
  • 元ネタを成熟させることを飛ばして「クチコミ」施策は機能しない
という思いが僕の根本にありました。
そのため、コンテンツ企画制作力を持ったパートナーは絶対に欠かせない存在だと考えていましたが、実際、バスキュールさんとお会いする時には、「絶対に外せないお客様」という意識でおりました。あとはコンテンツ企画制作を代表する立場の方からは、どう見えるのかなという強い興味がありました。




が、




僕がやりたいことを語っていると・・・その雰囲気は・・・







まさにマネーの虎。
あの、なつかしのマネ虎です。






結果、






本人も予期せず、マネーが成立してしまう。。
GrindNikki | 全然、虎じゃないですよ。どちらかといえば草食系です(人材大募集です。)


つづきます。

キャッチボールのブログデザインのイメージっぽい写真たち

いつかの週末、このブログデザインが完成してから、コンセプトとなった多摩川土手の実際の様子を見に行ってきました。

029 by you.

おっ!キャッチボール!


031 by you.

幸運にも柴犬が登場しました。


027 by you.

電車も川を渡っています。


033 by you.

全部揃ってるんじゃない!?


偶然にも?思い描いていた風景がそこにあってラッキーでした。
ちゃんちゃん。

「キャッチボール」の検索結果

さて、会社名である「キャッチボール」というのは非常に一般的な言葉です。
もちろん検索結果上位にくることを狙いたいのですが、念の為先月末時点でのGoogleの検索結果を記録しておきます。

23ページ目8番目=228番目

一度、お客様に訪問いただく際、そのお客様は「株式会社キャッチボール」を検索してこられたわけですが、同名の異なる会社さんに行かれたということでご迷惑をおかけしてしました。この順位だと無理もありません。
念入りなアナウンスをすると共に、もうちょっと、いやもっと上を目指します。

キャッチボールは、ここにあります。
駅で言うと、都営三田線御成門駅、東京メトロ日比谷線神谷町駅、東京メトロ銀座線虎ノ門駅、JR新橋駅。
近くにあるのは東京タワー、愛宕神社、MINATOYAです。

触らぬPay Per Postに祟りなし??

20090212225459.jpg

Google Japan with Pay Per Postの騒動と付随して、Pay Per Postという手法そのものが、なんだか腫れ物を触るように扱われているのが気になる。
実はこの騒動のちょっと前に気になっていた記事があって、こちらなんですが、

PR会社のビルコム株式会社 | CEOブログ 太田滋の己を斬る

なんでこのタイミングで、念の為宣言する必要があるんだろう??
と他人事ながら不思議に思っていました。いや、別に他意はありませんよ。

それから、CyberBuzzのリリースを読んで、

2009年2月10日付、当社サービス「CyberBuzz」に対する一部報道について - 株式会社サイバー・バズ

う~ん・・・

触らぬPay Per Postに祟りなし??

なんてタイトルを思いついたんです。

それこそ、「依頼主を明確に」という一応のルールは守っていたりするわけで(ここの「明確に」というのがまた難しいんだけど)、まぁいろいろな方面で影響があるかもしれないけど、手法としてあれば良いと思う。必要だったり、有効だったりすることもあるでしょう。場合によってはね。
・・・というよりその前に、読者に誤解を与えるという点においては、議題に上がるべき他の手法もあると思うんですよ。
言い出すと、商品を薦める記事を書いてその商品アフィリエイト広告を貼るのは、どうなんだ!?ってなってキリがないですけど、明らかに悪質なのも実はあったりするわけで。

それで、Pay Per Postに話を戻すと、Paid Postかどうかを明確にするシンプルなルールがあれば、おそらく一定の落ち着きを得られるので、それこそ、WOMマーケティング協議会WOMマーケティング協議会 WOM Japanとかで、例えば「Paid Postはタイトルの前に[PR]とつける」といったルールで、ブログサービス業者なんかも巻き込んでそのルールの普及啓蒙活動とかできたらどうなんでしょうね。
でもそうしたら、金銭でない報酬がやたらと飛び交うようになったりするのかな。豪華目な食事とか?

突然ワルモノ扱いされて敬遠されるくらいなら、ルールで縛られてしまう方がまだマシかなと思います。
この流れが変な方向にいかないといいな~と呑気に感じていたりする今日この頃です。


<参考になるリンク>
このブログの Google PageRank が復活しました。 - Blog:TP Geometry
Googleペイパーポスト事件は、ブログマーケティングの転機となるか - 煩悩是道場
検索エンジン会社がWebのルール作りをする日 ~Google独裁への布石~ - キャズムを超えろ!
FPN-Google:サイバーバズのプロモーション活動中止 PayPerPost事業を手掛けたものとして
アフィリエイトのメンタリティ|今日のニッパウ
WOMマーケティング協議会の率直な現状について書いておきます : tokuriki.com
ペイパーポストかどうかが問題ではなく、読者にどう受け止められるかが問題だと思う : tokuriki.com
Webmaster Central 日本版 公式ブログ: 有料リンクについて
安易にペイパーポストには手を出しちゃダメだと思う 11の理由 : tokuriki.com
クチコミマーケティングは愛 ([の] のまのしわざ)
Pay Per Postがフェアかどうかが問題じゃなくて - 雑種路線でいこう
TABLOG:ペイパーポスト議論が見落としている点/戦争広告代理店とCM化するニッポン - livedoor Blog(ブログ)

【告知】WPAでは各地区の支部長を募集しております。

【告知】

現在WPAでは、地区の支部長・支部員を募集しております。
地区でのピザ投げ普及活動に協力して下さる奇特な方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご連絡下さい。
熱い仲間が待っています!

メールタイトル:○○(地域名)支部長立候補
■お名前(ハンドルネーム可)
■地区名(規模は問いません)
■ピザ投げ普及活動への意気込みメッセージ

を明記の上、

wpa-pressあっとcatch-ball.co.jp

までメールでご連絡いただければと思います。
人数にもよりますが、イベントの開催なども検討中です。


WPA PR本部より


注意)
ピザ投げは、ピザを投げるのではなくピザボックスでキャッチするスポーツです。
決して、ピザは投げないで下さい。

ピザ投げ普及活動中

006
いきなりだが、川べりのピザである。ざ~ぴ~である。

さきほど右サイドバーに貼ったのだが、WPAという団体のPR担当として「ピザ投げ」というスポーツの普及活動のお手伝いをしている。

何とか少しでも拡げたいという気持ちで、草の根活動を実行中で、先週末は撮影に。
品川支部長が、公園でのシーンを撮りたいというので、愛車アドレスで朝9時から品川に向かった。

人にさんざん言っておきながら、これが実はピザ投げ初体験だったのだが、これ、案外おもろい。
多分、人と笑いながら身体を動かすのは、なんだって楽しいんだな。ウン。

017
イチローばりの背面キャッチを試みたところ、なぜか壊れてしまったピザ箱
新たにピザを注文するか、ガムテープ補修して使いましょう。

011
公園までデリバリーしてもらったピザ
外で食べるのもおいしい。

さすがに100円のフリスビー(正確にはフライングディスク)だと、投げにくいのと、風が強いと、すぐヘロッてなってまう。
投げるの難しいから今度はちゃんとしたのでやってみよ。
噂によるとドンキで1000円ちょっとで良いのが買えるそうなので、ガチンコの人は是非このへんもこだわりましょう。

あ、ちなみにこれから動画撮ってくれる人。
撮影は3人以上が望ましいです。
投げる人、受ける人、撮る人。当たり前やけど。

ピザ投げ動画はコチラ
YouTube - WPA2009Japan

是非チャンネル登録して下さい。友だち募集中。

注意)
ピザ投げは、ピザを投げるのではなくピザボックスでキャッチするスポーツです。
決して、ピザは投げないで下さい。

Number Cup

044

MBA取得のため、オーストラリアに旅立つN江さんから素敵なプレゼントをもらった。
送別会の御礼と誕生日とバレンタインとを合わせてのプレゼントとして。(横着だ!ww)

N江さんは僕が知っている限りで、この不況と円高で最も恩恵を受けた人である。
あたかも彼女の留学を待っていたかのように、不況が訪れ、希望退職と円高による実質的な渡航費・学費の減少の機会を得た。

そんな彼女が「4」と「2」のコーヒーカップを買ってきてくれた。
出会った瞬間ピンときたらしく、もちろん、僕、4n2nの「4」と「2」。
しゃれてて、使えて、パーソナライズされてて・・・
こんなセンスの良いプレゼントがあるものかと驚かされました。

ありがとうございます。


それで話を戻すと、やっぱり相当運が良いらしく、042
このNumber Cupとの出会いも、当日、偶然だったらしい。

・・・そのGood Luckに脱帽です。


いや、あなたが運を惹きつける人であることを良く理解してるつもりです。
これからも、たくさんの良いことが待ち受けているんだと思います。


ということで、

また会う日まで。Good Luck。

剛球を受けた少年が「ズズッ」っと

嬉しいお便りをいただきましたので、やらしいけど紹介しちゃいます。

ブログ、拝見いたしましたよ。

少年の剛球っぷりに、
α派見つけたったぞと思ったのですが、
剛球を受けた少年……「ズズッ」って、こ、こまかいw

癒されました。
みなさんは気づかれていましたか?

1

実はこれは、キャッチボールが、こまかいところまで対応し、且つ、癒しになる仕事をするという決意の表れである。

というのはウソのような本当のようで、真っ赤なウソです。すみません。
むしろ、負けないようにエエ仕事せな。と思わされた次第です。

実はこのブログには他にもいくつか仕掛けが施されています。
どこかでちょっとずつ発表しようと思っていますが、発見してしまった方は是非お知らせ下さい。

オフラインでも、Gmail&Googleカレンダー!

先週?オフラインでもGmailが使えるようになって、感激してたら、さっきGoogleカレンダーもオフラインで動き出した。

いきなり Offline って出てたんでビックリしましたよ、と。

あとは、法人版のGoogleカレンダーがモバイルで見れなくて困ってたのも、フルブラウザで見られるのを最近発見しますた。

ますますGoogle万歳but依存度高杉な今日この頃です。


<追記>
しかし、Gmail - Google Calendar Seamless Integrationが機能せず、かつ元の状態に戻せないという罠。

キャッチボールはWebコンテンツのPRを企画推進する会社です。
「良いコンテンツには旅をさせろ」を合言葉に、みなさまと楽しいキャッチボールしていきたいと思います。何卒宜しくお願い致します。


あわせて読みたいブログパーツ